借り換えは詳細を試算して、検証してみること。1度は検討するべき

借り換えを検討すると家計が助かるかも。ローン金利、手数料を比較してみる。

借り換えを1度は検討したい住宅ローン!何を比べる?

f:id:karikae1:20180407160343p:plain

 

 

住宅ローン借り換えって

 

どうやるか知ってますか?

 

 

わからないときは、

 

無料相談

成功報酬

 

のところに頼んでみては?

 

あらたな住宅ローン借り換えに伴う諸費用がいくらかかるのか?

 

金利が違うと返済額はいくらになるのか?

 

以前の住宅ローンの繰り上げ返済は費用が必要か?

 

登記費用はいくらになるのか?

 

→これらのことがだいたいわかる人であれば、

 

ご自身で借り換えた方が早いですし、

 

相談料や手数料報酬がかかりませんので、

 

ご自身でやってみるのも

 

「手」

 

かと思います。

 

奥様が日中動けるのであれば、頼んでみては?

 

 

でも、

 

借り換えをしてもいいのか?

 

メリットはあるのか?

 

普通わからないですよね!

 

FP(ファイナンシャルプランナー)などの

 

専門家でもなければ、

 

なかなか自分で判断をするのは

 

難しいのではないでしょうか?

 

何から何をすべきか?

 

 

f:id:karikae1:20180407161038p:plain

 

 

自分で各金融機関の借り入れ条件を調べてみる!

 

これもあなたにはハードルが高いでしょう。

 

ネットで見れば

 

店頭表示の金利

 

融資の概要がわかると思います。

 

そこから先、

 

金利は安くなるのでしょうか?

 

ならないのでしょうか?

 

その他の費用は算出できますか?

 

 

f:id:karikae1:20180407150925p:plain 

 

 

たとえば、

 

金利1%の場合、

 

25年間の返済額を計算できますか?

 

20年の場合はどうですか?

 

従前の住宅ローンと比較することはできますか?

 

試算できるサイトもあるけど、

 

どこをどう見たらいいのかわからない!?

 

なかなか一般のお客様には

 

厳しい現状が待っています。

 

そもそも何を比べたらいいのか?

 

金利は高い低いでわかります。

 

では保証料はどうでしょうか?

 

事務手数料は? 

 

おおよその金額を把握できるでしょうか?

 

借入先に相談して、

 

仮の見積書をお願いしてもいいと思います。

 

なぜ【仮】なのか?

 

登記の費用には

 

司法書士の報酬も関連します。

 

そこは司法書士に聞かないとわからないわけです。

 

ですので、すぐにコチラが見積書です。

 

とはいかないのも現状なのです。

 

 

すぐに出る見積書では、

 

こういった報酬などが

 

入っていない場合もあるかもしれません。

 

さらに、従前の住宅ローンの

 

繰り上げ返済の費用はいくらでしょうか?

 

各項目が入っているのか注意が必要です。

 

一覧で費用をはっきりさせたいものです。

 

もしすぐにわかる見積書を出してもらって、

 

一覧でズバリわかるものでも、

 

住宅ローン実行時に清算され確定します。

 

こういった場合ですと誤差は少ないと思います。

 

 

まずは行動してみよう!

 

借り換えを相談できるところがあります。

 

あなたの現状を分析して、

 

借り換えを分析くれるのです。

 

 

【相談できるところをあげてみました】

 

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

業界初!成果報酬型ローン借り換えサービス「住宅ローン借り換えセンター」

 

 

f:id:karikae1:20180405145922p:plain

 

 

三者的立場の専門家に相談してみましょう!

 

管理人としては、

 

いちど専門家へのご相談をおすすめしています。

 

それは、

 

相談するハードルが無いに等しいからです。

 

今では、

 

借り換えの相談は無料で行っているところも出てきています。

 

 

通常、相談するとなれば相談料が必要になりますよね?

 

借り換えをして少しでも返済額を減らしたいのに、

 

借り換える前から相談料を払うことに抵抗があったと思うのです。

 

管理人としては、

 

相談料を支払ってでも

 

【一度は見直しをやっておくべき】

 

と考えています。

 

なぜなら、

 

昨今の金利情勢については

 

低水準で推移しているからなのです。

 

以前借りた時期よりも

 

金利が下がっている可能性があるのです。

 

もちろん、

 

金利なのでずっと低水準かはわかりません。

 

上がるか下がるかは断定できないのです。

 

ですが、

 

せっかく見直しについて興味を持ったのなら、

 

どれくらいのメリットがあるのかだけば調べてもらいたいのです。

 

たとえ、

 

数千円のお金が必要だったとしても、

 

借り換えをするメリットがあるかを調べてほしいのです。

 

※相談料は事前に相談先にご確認ください!

 

 

借り換えをするメリットがあれば借り換えを実行する。

 

メリットがなければ実行しない。

 

f:id:karikae1:20180405145953p:plain

 

たったこれだけです。

 

考え方はいたって明快です。

 

損するくらいならしない方がいいのです。

 

あとは、

手間暇のわりにメリットが少ない(金額が減らない)などでは、

 

借り換えしなくてもいいと思います。

 

 

f:id:karikae1:20180407153749p:plain

 

 

相談料が無料の専門家に相談する!

 

ここであなたに紹介している相談先は

 

相談料が必要ありません。

 

無料です。

 

無料で相談して、

 

借り換えをしたらいいのかを

 

判断すればいいと思います。

 

 

事前に相談先に教えてもらった資料を準備して、

 

相談するだけ。

 

今借りている住宅ローンの概要がわかるもの等を

 

指示されるかと思います。

 

たぶん、住宅ローンの資料は

 

今の家を買ったときの資料に一緒に綴じられていませんか?

 

 

借り換え実行した際の報酬は

 

成功報酬のところを選ぼう!

 

相談料が無料ということはわかりました。

 

では、

 

借り換えを実行するさいの報酬はどうでしょうか?

 

この報酬については、

 

成功報酬の方式があります。

 

つまり、

 

借り換えの申し込みをして返済額を軽減できたときに

 

報酬が発生する仕組みです。

 

 

報酬は、

 

借り換えを第三者的立場の相談先に依頼したときに発生します。

 

ご自分ですべてを行う場合には報酬は必要ありません。

 

(ただし、事務手数料などの借り入れにかかる費用は発生します。)

 

通常では、

 

借り換えを行うというだけで

 

手数料(報酬)が請求されそうですよね?

 

でも借り換えをしたい人の実情を考えれば、

 

返済額が減るなどのメリットがなければ、

 

わざわざ借り換えをしないと思われます。

 

 

f:id:karikae1:20180407155149p:plain

 

 

仮に、

 

相談に行って数千円~数万円、

 

さらに借り換えを申し込んだ報酬が数万円だとすると、

 

もし何もメリットがない場合でも

 

数万円から数十万円の相談料と報酬

 

が必要になってしまいます。

 

この他、

 

借り換えに伴う諸費用が加算されるので、

 

借り換えをしたら総合的に赤字だった。

 

費用の持ち出しが必要だった。

 

本末転倒!

 

なんて事態も?

 

ありうるかもしれません。

 

こんなこと【本末転倒】ってあるの?

 

と思われる方が多いと思いますが、

 

じっさいにこの点が一番重要なのです。

 

借り換えをしたメリットがなかった!

 

返済額自体は減らせたが、

 

新たな借り入れの費用や登記料で費用が過大だった!

 

なんて話はよくある話だと思います。

 

 

借り換えで失敗しないための

 

【相談は無料】

 

【報酬は成功報酬】

 

の相談先

 

 

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

 

 

 

 

安心×確実×手間なしの「住宅ローン借り換えセンター」