借り換えは詳細を試算して、検証してみること。1度は検討するべき

借り換えを検討すると家計が助かるかも。ローン金利、手数料を比較してみる。

住宅ローン借り換え後の比較

 

こんにちは。

 

管理人です。

 

 

f:id:karikae1:20180322115856p:plain

 

 

住宅ローンの返済はたいへんですか?

 

住宅ローンが負担にはなっている!

 

っていうご家庭は多いのでは?

 

念願の持ち家に住んでいるのは、

 

毎日が楽しいですよね!!

 

でも、家計を圧迫しているご家庭では、

 

そうそう楽しめていないかもしれません。

 

毎月のやりくりが苦しい!

 

夫の収入だけでは心もとない!

 

将来が不安だ!

 

なんて考えている方も多いのでは?

 

持ち家により

 

収支のバランスを崩してしまいそうな方は、

 

早急に対策をとる必要があると思います。

 

競売手続きの開始など、

 

最悪の場合、

 

破産を覚悟しなければならないかもしれません。

 

早めの対策を考えるようにした方がいいです。

 

今の持ち家を売って、

 

負担を軽くするとか。

 

残債をなくすことができなければ、

 

さらに銀行との調整が必要にもなります。

 

不動産屋、FPなど、

 

専門家を交えたご相談をするのがいいと思います。

 

 

f:id:karikae1:20180322115750p:plain

 

 

では、家計に対する負担が大きいご家庭は

 

どうすればいいのでしょうか?

 

ひとつには、売却を視野に入れて、

 

負担を軽くする方法があります。

 

でも、現状で売却して

 

銀行ローンをそっくり返せる人って

 

どれだけいるのでしょう?

 

値下がりしにくい立地で購入したとか、

 

中古で家を探したとか、

 

よほどのことでないかぎり、

 

数年前に購入した物件を売って、

 

残債を消せるのかどうかは疑問です。

 

 

残債は返せるのかもしれませんが、

 

そもそも苦労して手に入れたマイホームを

 

手放したくないですよね!!

 

 

今の返済額を減らせるかもしれない方法があります。

 

 

それは住宅ローンを借り換えです!

 

 

今の支払額は、

 

月々いくらですか?

 

ボーナス払いを併用していますか?

 

もしかすると、

 

支払額を減らすことができるかもしれません。

 

単純に、

 

2.0%の金利で住宅ローンを借りていた人が、

 

1.0%の金利で借り換えれば金利の負担は1%分軽くなります。

 

 

f:id:karikae1:20180322115819p:plain

 

参考事例①

 

元利均等方式・月々払いのみ・仮に全期間固定金利とした場合

 

1,000万円を2.0%で35年返済で借りた場合

 

毎月33,126円の支払いとなります

 

1,000万円を1.0%で35年返済で借りた場合

 

毎月28,228円の支払いとなります

 

33,126円-28,228円=4,898円

 

いかがでしょうか?

 

借りた時点で、

 

金利に差がある場合ここまで違ってきます。

 

仮に5,000万円借りたとすると

 

4,898円×5=24,490円

 

が毎月の返済額の差となります。

 

ココでわかったことは、

 

やはり金利は安く借りた方がいいということ!

 

あたりまえですよね!

 

 

参考事例②

 

では、残債の場合を仮定して試算してみます。

 

残存期間を同じ返済期間にして

 

新たに借り換えた場合で計算します。

 

事例①と同じく、

 

元利均等方式・月々払いのみ・仮に全期間固定金利とした場合

 

借入金額3500万円・金利2.0%で35年返済で借り残存期間25年の場合

 

毎月115,941円の支払い(この支払金額がずっと続く想定です)

 

上記経過年数10年、

 

元金残債額27,354,264円≒2,736万円を

 

金利1.0%で25年借りた場合

 

毎月103,112円の支払い

 

115,941円-103,112円=12,829円の差額

 

つまり

 

毎月12,829円支払金額が減ります。

 

年で計算すると153,948円支払金額が減ります。

 

 

f:id:karikae1:20180322115856p:plain

 

 

毎月これだけの金額が減らせます。

 

 

注意事項

 

計算する機器により誤差が出ます。

 

残債の借り換えの場合、

 

残存年数と残債の金額、

 

金利その他の条件を担当の方とよく話し合い、

 

納得したうえですすめるようにしてください。

 

あとからこんなはずではなかったということの無いように、

 

返済額とその他の諸費用を

 

納得のいくまで確認しましょう。

 

担当者の方は聞けば教えてくれるはずです。

 

 

 

毎月減らせた金額を

 

これだけ?

 

と思うか、

 

こんなに!

 

と思うかはあなた次第です。

 

さらに、

 

借り換えをするかしないか

 

もあなた次第です。

 

すぐに借り換えを実行しなくてもいいと思いますが、

 

すぐに相談することはできるかもしれません!

 

すぐに相談するかしないかもあなた次第なのです。

 

 

行動するかしないか。

 

 

ぜひ、相談してみてください。

 

そして、少しでもお得になるなら、

 

お手数がかかっても借り換えをご検討ください。

 

 

f:id:karikae1:20180322115856p:plain

 

 

さらに留意事項です

 

借り換えには別途必要な諸費用があります。

 

従前の住宅ローンを繰り上げ返済するときの費用。

 

新たな借り換えでローンを組むときの費用。

 

諸費用合計額を確認したうえで、

 

借り換えをすることが得策なのか

 

検討してください。

 

借り換えすることが目標ではありません。

 

少しでも負担が軽くなることが大切です。

 

このタイミングで、

 

あなたも借り換えを相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

安心×確実×手間なしの「住宅ローン借り換えセンター」

 

 

 

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ