借り換えは詳細を試算して、検証してみること。1度は検討するべき

借り換えを検討すると家計が助かるかも。ローン金利、手数料を比較してみる。

住宅ローンの借り換えは家計を助ける!その分楽しいことができる!

 

こんにちは。

 

管理人です。

 

突然なのですが・・・

 

住宅ローンったいへんですか?

 

 

f:id:karikae1:20180314140432p:plain

 

 

マイホームって住み心地がいいでしょう!?

 

だって、自分の家ですもの!

 

例えば、家族で新築のプランを練った!

 

それこそ毎週、既存住宅を見学して探した!

 

とことん立地にこだわってマンションを探した!

 

いろいろそのご家族の思い出があると思います。

 

住宅を現金で買える人って、

 

少ないと聞いています。

 

つまり、

 

借り入れをして購入する人が

 

圧倒的に多い!

 

ということ。

 

それは、

 

言い換えれば

 

毎月住宅ローンを支払っている人が

 

相当いらっしゃる

 

ということです。

 

借入内容や、返済金額は

 

人それぞれだと思いますし、

 

返済が楽かたいへんかも

 

ひとそれぞれだと思うのです。

 

高い物件を買ったからたいへんとか、

 

そういうことでもないと思います。

 

高い物件を変える人は

 

収入も多いかもしれませんが、

 

その収入から返済に回す額も多いかもしれません。

 

逆に、

 

返済に回す額が少なければ

 

楽に感じると思います。

 

要は、その人の収入に対する返済の度合いが、

 

楽かどうかにかかわってくると思うのです。

 

では、

 

借入=借金があるから苦労があるかと言えば、

 

考え方の違いはあると思いますが、

 

そうとも言い切れないとも思います。

 

借家(アパート、マンション)を借りていれば、

 

家賃が必要です。

 

家賃もたいていは、

 

待ったなしで毎月支払います。

 

遅れれば、即、

 

管理している不動産屋から催促されるはず。

 

こう考えれば、

 

住宅ローンを背負っていても、

 

借家に住んでいても、

 

毎月支払わなければならないという意味での苦労は、

 

同じようにあるのです。

 

でも、

 

借り入れがある場合、

 

遅れたときは最悪の場合まで想像してしまいます。

 

返済できなければ、

 

それ相応の対処がなされるはずです。

 

借入があるというのは、

 

返済金と家賃を毎月支払うという意味での負担をするだけではない、

 

重圧があるのも事実だと思います。

 

 

住宅ローンを借りた時期は、

 

いつごろですか?

 

こちらは

 

フラット35のホームページから

 

参考にさせてもらった、金利の推移です。

 

 

f:id:karikae1:20180314155636p:plain

 

 

f:id:karikae1:20180314155646p:plain

 

 

f:id:karikae1:20180314155654p:plain

 

 

参考サイト

 

【フラット35】借入金利の推移:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

 

 

あなたが借りている

 

住宅ローンの金利は何%でしょうか?

 

高いですか?

 

低いですか?

 

ちょっとわからないです?

 

ということで、

 

またフラット35のホームページから

 

金利情報を参考にさせていただきます。

 

 

f:id:karikae1:20180314160244p:plain

 

 

ぱっと見ただけでも、なんとなく今の金利が低いということがわかります。

 

 

こちらはフラット35の金利の推移でした。

 

 

同じように

 

フラット35のホームページから

 

銀行の金利を参考にさせていただきました。

 

 

f:id:karikae1:20180314162029p:plain

 

 

参考サイト

 

民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等):長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

 

 

もしかして、

 

借りているのは銀行の住宅ローンかもしれません。

 

まずは、

 

あなたの住宅ローンの金利

 

再確認してみましょう!

 

次に、

銀行のホームページから

 

住宅ローンの金利を見てみましょう!

 

参考にスーモさんのホームページから引用させていただきました。

 

引用は2018年3月頃です。

 

 

f:id:karikae1:20180314163115p:plain

 

 

参考サイト

 

suumo.jp

 

 

いかがでしょうか?

 

それほど違わないという方もいれば、

 

けっこう違うという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

では、

 

どれだけ違えば

 

「それほど」なのか「けっこう」

 

なのか?

 

ほんの1%位。

 

 

そのメリットは、

 

こちらのサイトをご覧ください。

 

簡単にチェックできるサイトです。

 

 

 

 

 

肝に銘じておいていただきたいこと

 

単純にローンだけを比べて、

 

現状よりもお得になるかは判断しないでください。

 

借り換えには、費用がかかります。

 

最初に住宅ローンを借りたときも必要でしたよね?

 

その費用についても

 

ちゃんと試算してから判断してください。

 

あまり返済額が減らなかったどころか、

 

費用が過大で赤字になった・・・

 

なんて事の無いように、

 

借り換えの担当の方と十分な検討のうえ

 

進めていただきたいと思います。

 

 

もし、

 

借り換えのメリットがなければ、

 

借り換えしなくてもいいのです。

 

思い立った今が行動のときかもしれません。

 

 

ご留意ください

 

金利の動向は、どうなるのかはわかりません。

 

今よりも下がるかもしれませんし、

 

上がるかもしれません。

 

ですので自己責任でお願いいたします。

 

でも、

 

メリットがあるのかどうかは、

 

手間暇をかけてでも

 

確認していただきたいと思います。

 

手間暇をかけてでも、

 

確認すれば、

 

なんとなくすっきりしますよね?

 

すこしでも家族のためになるのであれば、

 

奥様や旦那さんと協力して

 

調べてみてはいかがでしょうか?

 

 

相談できる公式サイト

 

借り換えについては、

 

こちらのサイトで相談できます。

 

まずはご相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

業界初!成果報酬型ローン借り換えサービス「住宅ローン借り換えセンター」