借り換えは詳細を試算して、検証してみること。1度は検討するべき

借り換えを検討すると家計が助かるかも。ローン金利、手数料を比較してみる。

住宅ローン借り換えセンターとモゲチェック・プラザを比べてみた。

f:id:karikae1:20180405145953p:plain

 

 

住宅ローンの返済で、

 

検討していただきたいのが「借り換え」です。

 

 

繰り上げ返済とは違い、

 

またあらたに借りなおす手法なのです。

 

 

f:id:karikae1:20180405145851p:plain

 

 

その借り換えをするにあたり、

 

相談できるところがあります。

 

もちろん、相談料は無料で、

 

借り換えた際の報酬は成功報酬となっています。

 

 

住宅ローンの借り換えを相談できるところ

 

ピックアップしてみました。

 

今回の記事では、

 

こちらの2つのサイトを比べてみたいと思います。

 

 

「住宅ローン借り換えセンター」

f:id:karikae1:20180409113952j:plain

 

 

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

 

f:id:karikae1:20180409114012j:plain

 

 

そもそもなぜ相談が必要なのか?

 

そのわけは簡単なのです。

 

借り換えを実行するメリットを

ご自身で判断できますか?

 

借り換えを実行した場合、

逆に費用が増えたりしませんか?

 

借り換えをする場合、

必要な費用の概算を算出できますか?

 

 

もちろん、

 

ご自身で調べればわかることもあると思います。

 

でも・・・自信を持ってできますか?

 

相談をおすすめするのは、

 

もし不安であれば多少の費用が必要でも

 

専門家の意見を聞くことができるからなのです。

 

 

直接金融機関に相談して借りてもいいのか?

 

ご自身で相談に行く場合、

 

いろいろな金融機関に出向くのはたいへんです。

 

しかもそれぞれを比べてご自身に合う金融機関はどこなのか?

 

これだけでも手間がかかります。

 

さらに、夫婦共働き世帯の場合、

 

金融機関が空いている平日に時間をとることは難しいはず。

 

今では土日祝日に営業しているローンセンターがあるかもしれませんが、

 

探すのも手間だし、

 

各支店ほどの数があるわけでもなさそうです。

 

さらに数行ごと探すとなれば、ちょっとたいへんかと思います。

 

ご自身で借り換えを実行する際、

 

こういった時間や判断基準をもてるといった場合はおすすめです。

 

 

報酬が必要ありません!しかも自分で判断ができるので納得できます。

 

 

ご自身で調べてみて、メリットのある借り換えができるなら、

 

これに越したことはないと思います。

 

 

でもやっぱりご自身で自信を持って進められる人って少ないのではないでしょうか?

 

 

サイト管理人自体、

 

あなたは自信持ってできますか?

 

って聞かれれば、

 

FP(ファイナンシャルプランナー【AFP】)の資格者ではありますので、

 

できるとは思います。

 

 

f:id:karikae1:20180409115835j:plain

 

 

でも、いろいろな金融機関を比べてみて結果を出すことは難しいと思います。

 

 

各金融機関の情報収集までは行っていないからです。

 

 

その点を含めて

 

借り換えの専門家である相談先なら、

 

金融機関の情報を集めて、

 

比較、提案をしてくれます。

 

 

安心×確実×手間なしの「住宅ローン借り換えセンター」

 

 

f:id:karikae1:20180409113952j:plain

 

 

住宅ローン借り換えセンターに相談するメリットはいくつかあります。

 

金利の最新情報があること

 

お客様の希望に合ったローンのご紹介が可能です。

 

安い金利を引き出せること

 

金利は表示金利からさらに交渉できる場合があります。

 

そのうえ金利の競争をしてもらい

 

安い金利を引き出すことができる場合があるのです。

 

自己資金が必要ないこと

 

借り換えにかかる費用や住宅ローンセンターに支払う報酬を

 

諸費用ローンとして組むことが可能です。

 

借り換えの手続きを代行してもらえること

 

住民票の取得など、

 

面倒な手続きのほとんどを代行してもらえます。

 

住宅ローン診断士が対応すること

 

資格のある担当者がたいおうしてくれます。

 

報酬は成功報酬であること

 

借り換えが成功しない場合は、費用が発生しないのです。

 

住宅ローン以外の借り入れをまとめられる場合があること

 

住宅ローン以外の金利の高いローンを

 

組み入れることができる場合があります。

 

借り換えについてただ相談できるだけでなく、

 

いろんな金融機関の情報を持っている強みがあります。

 

ただ、最後にあげたローンのおまとめについて。

 

金利が高く返済期間がもともと短い場合、

 

借り換えて金利が低くなっても期間が長いと

 

その分金利を払う期間が長くなります。

 

どれだけのメリットがあるのが十分相談のうえ行うようにしましょう。

 

 

安心×確実×手間なしの「住宅ローン借り換えセンター」

 

 

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

 

f:id:karikae1:20180409114012j:plain

 

 

まずこちらのサイトで特筆すべきことは、

 

簡単に診断ができるということ。

 

この診断が本当に簡単なのです。

 

項目に入れて試算するだけなので、誰でも簡単にできます。

 

 

まずはこのサイトで診断をしてみるのもいいと思います。

 

診断をしてメリットがありそうであれば

 

次に住宅ローンを見直す目安が表示されています。

 

元本が1500万円以上ある方

 

金利が1%以上の方

 

2000年から2010年にかけて借りた方

 

この目安にあてはまる方なら相談してみた方がいいかも!

 

※もし目安にあてはまらなくても、相談してみてもいいと思います。

 

ネットの情報だけでなく、実際に話を聞いてもらえれば、納得できますよね!

 

 

モゲチェック・プラザの強みはコチラ

 

 

f:id:karikae1:20180409131511j:plain

 

 

ほぼ代わりにやってもらえるのです!

 

ご自身でやることと言えば、

 

自宅の書類を準備することと

 

ローンの契約(金銭消費貸借契約)をすることくらいなのです。

 

 

f:id:karikae1:20180409131821j:plain

 

 

報酬は成功報酬なので安心です。

 

さらに明瞭になっていますので安心して依頼ができます。

 

モゲチェック・プラザの強みは

 

何と言ってもサイト上

 

借り換えのメリットがあるかの目安を知ることができること。

 

ネット環境にいれば、すぐに始められます。

 

しかも、ほとんどの手続きを代行してもらえるのが

 

本人としては楽ですよね!

 

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

 

まとめ

 

今回比べてみました

 

「住宅ローン借り換えセンター」

 

 

「モゲチェック・プラザ」。

 

 

どちらも専門家集団ですので、相談先としては心配なさそうです。

 

相談料が無料については、どちらも同じく無料です。

 

成功報酬についてもどちらも同じ報酬携帯です。

 

公式サイトでは

 

モゲチェック・プラザの場合

 

報酬割合が載っていましたのでわかりやすいです。

 

数や方式が違っても、

 

複数の金融機関を比べてもらえるのも同様です。

 

 

公式サイトの無料診断で、

 

気軽に始められるメリット

 

【モゲチェック・プラザ】のほうだと思います。

 

まずは無料の診断で、

 

住宅ローンの見直しの効果が期待できるか

 

見ていただいてはどうでしょうか?

 

ローンの残高や金利、年数を入力するだけで診断できます。

 

 

借り換えのメリットを多く受けるなら、

 

なるべく早く行動することが重要です。

 

借り換えを実行しようとしても、

 

ローンの審査や実行、

 

従前のローンの返済などやるべきことが多く、

 

しかも明日明後日にすぐできるというものではありません。

 

 

そのため、

 

少しでも早い行動がメリットを多く受けるコツになります。

 

せっかく住宅ローンの見直しを検討したら、

 

すぐにでも相談をはじめてください。

 

少しでも返済額を減らせればいいですよね!

 

その分ほかのことに回せますし!!

 

 

モゲチェック・プラザの公式サイトはこちらです

 

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

借り換えしたらいいことがあった?!住宅ローンを比較分析してみる!

こんにちは。

 

管理人です。

 

今回もよろしくお願いします

 

 

f:id:karikae1:20180413175049p:plain

 

住宅ローンを借り換えしたら得した!

 

はじめに結論からお伝えいたしました。

 

 

けっこう前に、けっこう高い金利借りていませんか?

 

かつ

 

そこそこの返済期間が残っていませんか?

 

もしかして高い金利で借りているかもしれません。

 

 

f:id:karikae1:20180405145851p:plain

 

 

高い金利で借りている住宅ローンだったら、すぐにでも借り換えをおすすめいたします。

 

それは、返済額を減らせるかもしれないから!

 

 

 

 

どうすればいい?

 

支出を減らすことを考えてみてはいかがでしょうか?

 

住宅ローンの返済額を減らせるなら、ぜひやってみませんか?

 

これなら挑戦できそうではないですか?

 

 

今払っている返済額を単純に減らすことができるかもしれません。

というコトです。

 

 

 

実は・・・

 

管理人はFPの資格を持っています。

 

 

f:id:karikae1:20180329173733p:plain

 

 

金利差を利用するには、ある程度の期間が残っていればメリットが大きくなります。

 

その期間の金利差分が少なくなると思うわけです。

 

いかがでしょう?

 

収入を増やすよりも支出を減らすための借り換えのほうができそうではありませんか?

 

でも

 

自分でやる自信がない!

 

という方が多いと思います。

 

普通そうですよね!

 

今そんなあなたに相談できるところがあるのです。

 

相談料無料

 

成功報酬

 

という条件で、住宅ローンの借り換え支援をしてくれる相談所があります。

 

たしかに、相談料を払ってからの相談だと敷居が高いですよね!!

 

まずは無料で相談できるところを探してみるのがいいと思います。

 

 

今回この記事でご紹介する相談所は2つです。

 

しかもそのうちのひとつは、公式サイトで簡単にシミュレーションできるところもあるのです。

 

いきなり相談に行くのはちょっと抵抗がある方には、まずはシミュレーションをしてみるのがおすすめ。

 

シミュレーションを数日間眺めて、気持ちが固まったら相談に行けばいいのです。

 

そのまま、あきらめるのも仕方がありませんが、メリットがありそうなら家族のことを考えて少しでも無駄な支払いは変更してしまいましょう!

 

管理人もこの公式サイトのシミュレーションをためしにやってみましたが、すぐに答えが表示されて便利です。

 

ただし、簡単な試算ですので、詳細はやはり相談に行くことをおすすめします。

 

慣れない方がやっても、失敗する恐れがあります。

 

 

失敗しないか心配!

 

慣れない方がやってみて心配なのは、結局借り換えしたら赤字だったということ。

 

目先の返済額は少し減らせることができても、借り換えに伴う費用で結果的に赤字だったとしたら、意味がありません。

 

借り換えには費用がかかります。

 

登録免許税

 

事務手数料

 

保証料

 

印紙代

 

 

司法書士報酬など他にもあります。

 

ですので専門家に相談することをおすすめしているのです。

 

もし、ご自分で費用を計算し、借り換えた後の返済額などの計算もできて、納得のうえでご自分で借り換えをするなら、報酬もかからず費用を抑えられます。

 

 

専門家に相談して失敗のない借り換えをしてもらいたい。

 

しかも報酬は成功報酬なので心配ありません。

 

 

メリットがあればすぐにでも借り換えした方がいい。

 

なるべく早く借り換えた方がいいと思います。

 

なぜなら返済額を減らせるなら、すぐにでも減った方がいいですよね!

 

費用が過大でないか確認すること。

 

借り換えのデメリット。

 

せっかく借り換えたのに、諸費用で赤字になってしまうこと。

 

毎月、ボーナス時の返済は減らせたけど、借り換えた際の費用が過大で、結局赤字!なんてことにならないように、慎重に借り換えを進めてください。

 

 

借り換え先の条件を比較してみる。

 

どうせ借り換えるなら、条件のいいところから借りた方がお得です。

 

金利が低い、

 

事務手数料が安い、

 

保証料が安い、

 

など、ほかの銀行とはどう違うのか比べてから、借り換え先を決めてください。

 

金融機関は数が多いので、全てを比べるのは無理があるかもしれませんが、専門家に相談すれば、条件のいいところを教えてくれるかもしれません。

 

たとえ、それが最良の条件ではないかもしれませんが、ご自分では探せないところかもしれないのです。

 

 

手続きは代行してくれるところを選ぶ。

 

住宅ローンを利用している人は、共働き世帯も多いかもしれません。

 

住民票ひとつとってみても、平日に休みを取って取りに行けない忙しい時期が続くかもしれないのです。

 

度、日、祝日に役所や金融機関が空いていれば、休日に手続きが可能かもしれませんが、なかなか難しいです。

 

面倒な手続きを極力代行してくれるところに相談する方が楽だと思うわけです。

 

 

この記事でご紹介する相談先はこちらの2つです。

 

住宅ローンの3秒診断

 

こちらのサイトではシミュレーションができます)

 

 

安心×確実×手間なしの「住宅ローン借り換えセンター」